今日出来る! もちもち肌をつくる5つの方法

今日出来る! もちもち肌をつくる5つの方法

どんなにメイクやファッションを頑張っても、お肌がボロボロでは外見に自信を持つことが
出来ませんよね。

化粧ノリも良い「もちもち肌」は、日頃のケア方法を見直すだけで簡単に手に入れることができます。

今回はもちもち肌を作る5つの方法を紹介します。
ぜひ参考になさってください。

もちもち肌ってどんな肌?

今日出来る! もちもち肌をつくる5つの方法

もちもち肌とは、キメが細かく弾力があり、触り心地のいい肌のこと。
もちもち肌は年齢が上がるにつれて、紫外線・外気・ストレス・生活習慣により維持するのが
難しくなります。

しかし、肌は常に再生を繰り返しているので、日頃のケアを怠らなければもちもち肌は取り戻すことが
出来るのです。
肌は、常に栄養と潤いを欲しています
もちもち肌を取り戻し、維持するためにも日頃のケアを徹底しましょう。

必見! 日頃のケアでもちもち肌を作る方法

今日出来る! もちもち肌をつくる5つの方法

・こまめな保湿
皮膚が乾燥してカサついていてはメイク乗りも悪くなり、シワやくすみを目立たせてしまいます。
朝の洗顔後にはすぐに化粧水で水分補給し、クリームで保湿を閉じましょう。

化粧直しの際は脂取り紙ではなく、ティッシュで余分な皮脂とファンデーションを除去すること
お勧めします。
手軽に使えるスプレー式の化粧水を持ち歩き、皮脂とファンデーションをオフした後にお顔に吹きかけると冷房などによる乾燥から肌を守ることができます。

・入浴で体を温める
血流を良くして血色や肌のターンオーバーを促すには、体を温めることが一番。
疲れていてもできるだけ湯船につかり、体を芯から温めましょう。

また、入浴時は常温の水を飲むと脱水症状を回避できます。
半身浴やリンパマッサージを行うと、老廃物の排出にも繋がりますよ。

・冷水で肌を引き締める
朝の洗顔後や入浴した後は、冷水で肌を引き締めましょう。
毛穴がキュッと締まり、保湿のしやすいキメの整った肌へと導いてくれます。

夏場は毛穴が開きやすいので、氷水を使って肌を引き締める方法も進めです。
引き締め前はぬるま湯で十分に汚れを洗い流し、毛穴に汚れが詰まっている状態を避けるようにして下さい。

・水分を摂る
体が脱水状態では、肌の水分量も減ってカサカサ肌の原因になります。
「喉が渇いた」と思う前に摂取して、肌と体を脱水状態から守りましょう。
水分補給のためには常温でノンカフェインの水分がベストです。

カフェインは利尿作用があるため、体内の水分量を減らしてしまう恐れがあります。
また、アルコール飲料も同じく利尿作用があるので注意してくださいね。

・質のいい睡眠と食事
健康的な肌をキープするためには、正しい食事と睡眠が絶対条件です。
肌の健康を守るには野菜・肉・魚のどの栄養素も必要で、特に欠かせないのがたんぱく質です。

タンパク質は肌のターンオーバーを正常化させ、キメの整った健やかな肌へと導いてくれます。
大豆や卵など、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる良質なたんぱく質を摂りましょう。

夜は早めに部屋の照明を落とし、心地よく眠れるリラックス空間を作りましょう。
テレビやパソコン、スマートフォンなどは脳に刺激を与えて熟睡を妨げてしまうので、就寝前は避けましょう。

肌は、日常生活と大きく結びついています。
健康な生活と、肌を労わるケア方法を徹底して、もちもち肌を手に入れましょう。

(c)Copyright 2005-2017 LITEC CORPORATION All Rights Reserved.