食べるだけじゃない!? 【バナナのパワー】でスキンケア!

食べるだけじゃない!? 【バナナのパワー】でスキンケア!

私たちにとって、バナナは身近な食べ物です。
最近ではダイエットなどにも取り入れられており、私たちの生活に欠かせないものともなっています。

バナナを食べることは、美容にも健康にも効果的です。
ただし、バナナの美容成分は食べるだけでなく、パックとして使うことでスキンケアやヘアケアにも
役立ちます!

バナナは美容成分がたくさん!

食べるだけじゃない!? 【バナナのパワー】でスキンケア!

バナナには美肌に欠かせない美容成分がたくさん含まれています。
例えば、肌や髪の健康を維持する働きがあるビタミンB群、免疫力を高める、コラーゲンの生成を助けるなど美肌に欠かせないビタミンC、さらにエネルギーをつくる助けとなるマグネシウムや血圧を下げる働きがあるカリウムなどがあります。

このような成分が多く含まれていながら低カロリーであるバナナは、女性にとって頼もしい味方です。

また、バナナを食べて肌の状態の変化を調べる実験も行われました。
医師の監修のもと30〜49歳の女性21人を対象に、1日2本ずつ4週間バナナを食べ続けてもらったのです。
すると肌の分量が増え、弾力の数値も上がったという報告もあります。

このようなバナナのパワーをスキンケアに役立てることが出来るのが、バナナパックです。

バナナパックの行い方

食べるだけじゃない!? 【バナナのパワー】でスキンケア!

バナナパックという言葉を聞きなれない方は多いかもしれません。
しかしアメリカで人気のエステティシャン、ジョアナ・チェヒさんは、バナナパックの愛好者です。
ケイト・ブランシェットやユマ・サーマン、ペネロペ・クルーズやケイト・ウィンスレットといった
ハリウッド女優を顧客に抱えているのです。

ジョアナ・チェヒさんがオススメするバナナパックの配合はバナナ、亜麻仁油、オートミールです。
これを混ぜてペースト状にしたものを顔に塗ります。

ただ亜麻仁油やオートミールが家にない方は多いのではないでしょうか。
そんな方には、家にあるもので簡単にできるバナナパック方法をご紹介します。

バナナ×はちみつ×小麦粉
バナナ1本をフォークなどで潰しピューレ状にします。
1に大さじ1のはちみつを加えて混ぜます。

固さを確認しながら、小麦粉を少しずつ加えてペースト状にします。
顔に塗り約10分待ちます。
その後ぬるま湯で洗い流します。

■バナナ×はちみつ×オーツ麦
1、バナナ1本をピューレ状にします。
2、はちみつ大さじ1オーツ麦1/4カップを加えて混ぜます。
3、オーツ麦が柔らかくなってきたら完成。

使用するバナナはできるだけ無農薬のものを使用しましょう。
バナナパックはバナナの成分だけでなく、はちみつの殺菌力オーツ麦のスクラブ効果までもが期待できます。

さらに顔だけでなく、ひじかかとといった乾燥しやすい部分にもオススメです。
ただし、アレルギーを起こさないためにもパッチテストを行ってから顔などに使用してくださいね。
二の腕や太ももの内側といった皮膚の柔らかい部分にバナナパックを塗り、24時間様子を見るようにしましょう。

また、シャンプーやトリートメント前にバナナとはちみつを使った「バナナヘアパック」もオススメです。

■バナナヘアパック方法
1、バナナ1本をピューレ状にします。
2、はちみつ大さじ1を加え混ぜます。
3、髪に塗り15分待ちましょう。
その後パックを流し、普段通りにシャンプーを行います。

美容成分豊富なバナナは食べるだけでなく、肌や髪に与えて日々のケアに役立てましょう!

(c)Copyright 2005-2017 LITEC CORPORATION All Rights Reserved.